※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

小型EV(特定小型原付)で通勤ラストワンマイルを解決!注目される新しい移動手段

特定小型原付

通勤時のラストワンマイルとは最寄りの駅やバス停から職場までの最後の移動距離のことです。従来の通勤は、公共交通機関や自家用車などの交通手段を利用する形で構築されていました。この距離が長いと、自転車や徒歩では時間がかかりますし、タクシーやレンタカーでは費用がかかります。そこで、小型EV(特定小型原付)という新しい移動手段が注目されています。

小型EV(特定小型原付)とは

小型EV(特定小型原付)とは、電動モーターで走る軽量でコンパクトな乗り物のことです。2023年7月に法改正が行われ、特定の条件を満たすものは免許不要で公道を走ることができるようになりました。その条件とは、以下の通りです。

  • 最高速度が20km/h以下
  • モーター出力が0.6kW以下
  • 保安部品(前照灯、尾灯、制動灯、反射板、警音器、方向指示器、最高速度表示灯)を装備
  • ナンバープレートを取得
  • 自賠責保険に加入

これらの条件を満たす小型EV(特定小型原付)は、16歳以上なら運転免許不要で乗れます。また、ヘルメットは着用努力義務となっています。さらに、車道だけでなく自転車道や歩道でも走ることができます(ただし歩道では6km/h以下に制限されます)。

小型EV(特定小型原付)のメリット

  • 環境に優しい:電気で走るので排気ガスや騒音がありません。
  • 経済的:充電コストはガソリン代よりも安く済みます。
  • 楽しい:風を感じながら快適に走れます。
  • 便利:折りたたんだり分解したりして持ち運びやすく、駐輪場にも困りません。

小型EV(特定小型原付)のデメリット

  • 雨天時に不向き:防水性能が低いものが多く、雨に濡れると故障する恐れがあります。
  • 航続距離が短い:一般的に30km程度しか走れません。充電時間も長いものが多いです。
  • 事故リスクが高い:車や自転車よりも目立ちにくく、衝突や転倒の危険性があります。ヘルメットは必ず着用しましょう。
  • 法令遵守が必要:公道を走る場合はナンバー登録や自賠責保険加入が必須です。また、交通ルールやマナーを守ることも大切です。

小型EV(特定小型原付)は、通勤時のラストワンマイルを解決するだけでなく、レジャーやショッピングなど様々なシーンで活用できる新しい移動手段です。しかし、その利便性や楽しさだけでなく、そのデメリットやリスクも理解して、安全に乗りましょう。

ちなみに駅のコインロッカー サイズと値段は以下の通りです。

<大型>
目的:スーツケースを入れたいとき
料金の目安:700~800円
サイズの目安:縦880mm×横355mm×奥行き575mm

小型EV(特定小型原付)のおすすめモデル

小型EV(特定小型原付)は、様々なメーカーやモデルが販売されています。ここでは、性能や価格、デザインなどを総合的に判断して、おすすめのモデルを3つ紹介します。

SWALLOW ZERO9 Lite

国内メーカーの電動キックボードで、国土交通省の性能等確認制度に合格しています。軽量でコンパクトに折りたためるので持ち運びやすく、サスペンションも装備されています。価格は149,800円です。

公道可 セグウェイ ナインボット(Segway-Ninebot) J-MAX

公道走行可能な電動キックスクーター J-MAX

セグウェイから、日本国内の公道を走行可能な電動キックスクーター「J-MAX」が登場しました。

J-MAXは、航続距離65km、最高速度25km/hの高性能モデルです。通勤や通学、ちょっとしたお買い物など、さまざまなシーンで活躍します。折りたたみ可能なので、持ち運びも簡単です。

公道走行に対応したパワフルな電動キックスクーターです。通勤・通学から買い物、レジャーまで、さまざまなシーンで活躍する次世代スマートモビリティです。

Ainohot 電動キックボード 【免許不要】

Ainohot 電動キックボード 【免許不要】

Ainohot S07電動キックボードは、2023年7月の改正道路交通法により、16歳以上であれば免許不要で公道を走行できる「特定小型原動機付自転車」に分類されます。また、前照灯や尾灯などの保安部品もすべて備わっているため、安心して走行できます。

走行モードは「6km/h」と「20km/h」の2種類があり、ワンタッチで切り替えることができます。6km/h以下であれば歩道を走行することも可能です。

街乗りはもちろん、自然溢れる公道や観光地巡り、通勤や通学など、さまざまなシーンで活躍するキックボードです。

ポイントは以下の3つです。

  • 16歳以上であれば免許不要で公道を走行できる
  • 前照灯や尾灯などの保安部品もすべて備わっている
  • 6km/hと20km/hの2つの走行モードがある

さらに、以下のような特徴もあります。

  • 折りたたみ可能で持ち運びやすい
  • バッテリーは着脱式で、充電も簡単
  • 安全性を考慮した設計

まとめ

以上が小型EV(特定小型原付)で通勤ラストワンマイルを解決する方法と注目される新しい移動手段についての記事です。小型EV(特定小型原付)は、免許不要で公道を走れる便利な乗り物ですが、そのメリットとデメリットを理解して安全に乗りましょう。また、自分の用途や予算に合わせておすすめのモデルを選んでみてください。

補足

日本国内では、以下の企業や自治体が通勤のラストワンマイルの取り組みを進めています。

ソフトバンク:電動キックボードのシェアリングサービス「HELLO CYCLING
トヨタ自動車:カーシェアリングサービス「KINTO SHARE
東京都:電動キックボードのシェアリングサービス「e-Bike Sharing

これらの取り組みにより、今後も通勤のラストワンマイルの普及が進んでいくことが期待されます。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP