※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

【免許不要・公道歩道OK】特定小型原付で通勤・通学ラクラク!?

特定小型原付


こんにちは、この記事では、特定小型原付という新しい区分の電動キックボードについてご紹介します。

特定小型原付とは、2023年7月1日から施行された道路交通法の一部改正によって誕生した、免許不要で公道や歩道を走れる電動キックボードのことです。自転車と原付バイクの中間のような存在で、便利でエコな移動手段として注目されています。この記事では、特定小型原付のメリットやデメリット、選び方やおすすめのモデルなどを詳しく解説していきます。特定小型原付に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

特定小型原付とはどんなもの?

特定小型原付とは、原動機付自転車(通称原付)のうち、電動機の定格出力が0.6kW以下であって長さ1.9m以下幅0.6m以下かつ最高速度20km/h以下のものを指します。これらの条件を満たす電動キックボードは、特定小型原付に区分されます。また、最高速度6km/h以下や走行速度表示灯の点滅などの歩道走行モードを備えることで、一部の歩道でも走行可能な特例特定小型原付という区分もあります。

特定小型原付区分に該当する車両は、以下の特徴があります。参照:【警察庁】特定小型原動機付自転車(いわゆる電動キックボード等)に関する交通ルール等について

  • 16歳以上であれば免許不要で運転できる
  • ヘルメットの着用は努力義務(推奨)である
  • 自動車損害賠償責任共済(自賠責)への加入が義務付けられている
  • 市町村にナンバープレートの交付申請を行い、見やすい場所にプレートを取り付ける必要がある
  • 軽自動車税(種別割)が年額2,000円かかる
  • 高速道路や自動車専用道路は走行禁止である
  • 一般公道では車道や自転車専用通行帯を走行する
  • 歩道走行モードを備えた特例特定小型原付は、「普通自転車等及び歩行者等専用」の標識がある歩道でも走行可能だが、歩行者優先で一時停止する必要がある
  • 飲酒運転や放置違反は禁止であり、罰則がある

特定小型原付のメリットとデメリット

「電動自転車」や「特定小型原付」でもドライブレコーダーは必須!急増する事故の証拠として役立つ|被害者・加害者にならないために

特定小型原付には、メリットとデメリットがあります。それぞれについて見ていきましょう。

特定小型原付のメリット

  • 免許不要:16歳以上であれば免許を取得する必要がなく、気軽に乗れる
  • 公道歩道OK:一般公道や自転車専用通行帯だけでなく、一部の歩道でも走れる
  • 走行性能:電動アシスト自転車よりも高速で走れる(最高速度20km/h)
  • 環境負荷:ガソリンを使わないので、CO2排出量が少ない
  • 維持費:充電コストや税金は安く、任意保険や駐輪場所の確保も容易
  • デザイン:ディープリムやブランドロゴなど、スタイリッシュで目を引くモデルが多い

特定小型原付のデメリット

  • 走行距離充電一回あたりの走行距離が限られる(約40~50km)
  • 走行場所:高速道路や自動車専用道路は走れないし、歩道では速度制限や歩行者優先がある
  • 安全性ヘルメットの着用が義務ではないが、事故の際には重大な怪我のリスクがある
  • 法令遵守:飲酒運転や放置違反などの交通ルールや法律を守らないと罰則がある
  • 保安基準特定小型原付に必要な保安部品が装着されているかどうかを確認する必要がある

【特定小型原付のナンバープレート申請方法】免許不要で公道歩道OKの電動キックボード

特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!

特定小型原付の選び方とおすすめモデル

特定小型原付を選ぶ際には、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 保安基準特定小型原付に必要な保安部品(最高速度表示灯、AT機構、最高速度設定装置など)が装着されているかどうかを確認する
  • 走行性能:定格出力や最高速度、走行距離、変速機構などによって走行性能が異なるので、自分の用途や好みに合わせて選ぶ
  • デザイン:ディープリムやブランドロゴなど、見た目にこだわりたい人はデザイン性の高いモデルを選ぶ
  • 価格:特定小型原付は約20万円から40万円程度の価格帯が多いが、モデルによって価格差があるので、予算に合わせて選ぶ

ここでは、Amazonや楽天などのショッピングサイトで注文できるおすすめの特定小型原付モデルを3つ紹介します。

SWALLOW「ZERO9 Lite」

[12月中配送] 免許不要モデル 公道走行可能 電動キックボード ZERO9 Lite 特定小型原動機付自転

SWALLOW「ZERO9 Lite」は、約60mmのディープリムと側面に大きく記されたブランドロゴが特徴的なクロスバイクタイプの特定小型原付です。

ブラックを基調にしつつ、ロゴには爽やかなブルー系統のカラーが使われています。スタイリッシュなデザインが好みなら、ピッタリのモデルかもしれません。

適応身長は158cm~で、サドルの高さは約82~101cmの間で調整できます。シマノ外装7段変速を搭載しており、ギアは手元のシフターで手軽に切り替えられます。状況に合わせてギア比を調整しながら、快適に走行することができます。

定格出力は0.6kWで、最高速度は20km/hです。走行距離は約40kmで、充電時間は約4時間です。重量は約18kgで、折りたたみ式ではありません。価格は約15万円です。

Segway NINEBOT「KickScooter MAX」

NINEBOT「KickScooter MAX」は、キックボードタイプの特定小型原付です。スポーティなデザインで、ブラックやグレーなどのカラーバリエーションがあります。

折りたたみ式で、持ち運びや収納に便利です。適応身長は120cm~200cmで、サドルの高さは調整できません。定格出力は0.35kWで、最高速度は25km/hです。走行距離は約65kmで、充電時間は約6時間です。重量は約19kgで、耐久性が高いです。価格は約10万円です。

まとめ

この記事では、特定小型原付という新しい区分の電動キックボードについてご紹介しました。特定小型原付とは、免許不要で公道や歩道を走れる電動キックボードのことで、便利でエコな移動手段として注目されています。特定小型原付にはメリットとデメリットがありますが、自分の用途や好みに合わせて選べば、通勤や通学にラクラクな乗り物になるでしょう。保安基準や走行性能、デザインや価格などを比較しながら、お気に入りの特定小型原付を見つけてみてくださいね。

以上、【免許不要・公道歩道OK】特定小型原付で通勤・通学ラクラク!?という記事をお届けしました。この記事が参考になったら嬉しいです。ありがとうございました。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP