※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

EVモビリティ導入で、企業のコストはどれだけ削減できる?

電動自動車

1. はじめに

近年、エコロジーと経済性を両立するための手段として、企業の間でEV(Electric Vehicle)モビリティの導入が進んでいます。しかし、「導入には高額な初期投資が必要ではないか?」という疑問を持つ方も多いでしょう。本記事では、そんな疑問を解消すべく、EVモビリティ導入による企業のコスト削減効果について詳しく解説します。

2. EVモビリティ導入のメリット

EVモビリティ導入で、企業のコストはどれだけ削減できる?

EVモビリティ導入によるコスト削減効果

EVモビリティ導入によるコスト削減効果は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

1.燃料費の削減
2.メンテナンス費の削減
3.その他のコスト削減

燃料費の削減

EVモビリティの最大のメリットは、何と言っても「燃料費の削減」です。ガソリン車と比較して、電気自動車は1kmあたりの走行コストが大幅に低く、長期的に見ればその差はさらに拡大します。これは、電気自動車がエネルギー効率が良く、電力料金がガソリン価格よりも安定しているためです。

電気自動車の充電料金

電気自動車の充電料金は、充電する場所や時間帯によって異なります。

ガソリン車と電気自動車のコスト比較

同等の性能のガソリン車と電気自動車を比較すると、電気自動車の方が走行コストが安くなります。

メンテナンスコストの削減

電気自動車は、エンジン部品が少なく、オイル交換などの定期的なメンテナンスが不要なため、ガソリン車やディーゼル車に比べてメンテナンス費が安くなります。また、エンジン音や振動がないため、タイヤやサスペンションの劣化も遅くなります。

電気自動車は、ガソリン車に比べて車両本体価格が高いというデメリットがあるが、ランニングコストを重視するなら、電気自動車の方がお得と言えるでしょう。

その他のコスト削減

EVモビリティ導入によるその他のコスト削減効果としては、以下のようなものが挙げられます。

車両取得費は、EVの方がガソリン車やディーゼル車よりも高くなる傾向がありますが、燃料費やメンテナンス費の削減で相殺される可能性があります。

また、EVは環境性能に優れているため、法人税の節税措置を受けることができます。

3. EVモビリティ導入のデメリットとその対策

しかし、EVモビリティ導入にはデメリットも存在します。その一つが「初期投資費用」です。しかし、政府からの補助金制度やリース契約などを利用することで、この問題を緩和することが可能です。

また、「充電設備の整備」も課題となりますが、こちらも補助金制度を活用したり、充電設備を共有することで対策可能です。

4.企業がEVモビリティを導入した具体例

西部ガス

西部ガスは、「社用車台数50%削減、低炭素車両30%導入」という目標を設定し、2050年までのカーボンニュートラル実現に向けた具体的なアクションを進めています。具体的には、「Mobility Passport(モビリティ・パスポート)」という車両管理アプリを導入し、車両の稼働状況を把握しています。これにより、稼働率の低い車両から削減を進めることが可能となりました。

ルートインホテルズ

ルートインホテルズは、EV充電エネチェンジというサービスを導入しています³。これにより、ホテルの客室や駐車場でEVの充電が可能となり、お客様へのサービス向上に貢献しています。

これらの事例からもわかるように、企業がEVモビリティを導入することで、環境対策だけでなく、業務効率化やサービス向上などのメリットも得られます。

5.EVモビリティを導入する企業向けのサービスを展開している会社

関西電力

関西電力は、法人のお客さま向けに、EVリースおよびカーシェアリングシステム等を活用したモビリティサービスの提供を開始しました。EVリースサービスは、「EV」、「EV用充放電器」および「EV充放電管理システム」を、一元的にリースで提供するものです。

※EVリースおよびカーシェアリングシステムを活用した法人のお客 ….

住友商事

住友商事は、日本瓦斯の本社駐車場での企業間EVカーシェアリング並びにEVを活用したエネルギーマネジメントの検証を目的に実証実験を開始しました。

※電気自動車(EV)を活用した法人企業向けカーシェアリングの ….

日本カーソリューションズ

日本カーソリューションズは、EVの手配からメンテナンス、充電器の設置までワンストップサービスで提供しています。

※次世代モビリティ EV導入時のサポート|日本カーソリューションズ.

NTTビジネスソリューションズ

NTTビジネスソリューションズは、「N.mobi(エヌ・モビ)」という自治体・法人向けEV導入運用支援ソリューションを提供しています。

※自治体・法人向けEV導入運用支援ソリューション「N.mobi(エヌ ….

これらの会社は、企業がEVモビリティを導入する際の様々な課題を解決するためのサービスを提供しています。それぞれが独自のソリューションを提供しており、企業のニーズに合わせて選択することが可能です。

6. まとめ

以上から、EVモビリティ導入は初期投資が必要ですが、燃料費やメンテナンスコストの削減により長期的には大きな経済効果が期待できます。また、補助金制度などを活用すれば、初期投資負担を軽減することも可能です。

EVモビリティ導入によるコスト削減効果は、企業の規模や業種、車両の利用状況などによって異なります。そのため、導入を検討する際には、自社に適した導入方法や車両選びを慎重に行う必要があります。

また、EVモビリティ導入には、充電インフラの整備や運転手への教育など、新たなコストが発生する可能性もあります。これらのコストも考慮した上で、導入の判断を行うことが大切です。

これからの時代、企業におけるEVモビリティ導入は避けて通れない道と言えるでしょう。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP