※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

電気自動車(EV)

10年落ち(中古)の電気自動車のバッテリーについて

10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

10年落ち(中古)の電気自動車のバッテリー寿命はどれくらい?

電気自動車の最大の特徴であり、最大のコストでもあるのがバッテリーです。バッテリー寿命は、使用状況や保管環境によって異なりますが、一般的には8年から10年程度と言われています。しかし、実際にはバッテリーの劣化度合いを示すSOH(State of Health)という指標を見る必要があります。

SOHは100%から始まり、時間とともに低下していきます。SOHが70%以下になると、バッテリーの性能や容量が大きく低下し、走行距離や加速力が落ちるなどの問題が発生します。10年落ちの電気自動車の場合、SOHは50%以下になっている可能性が高く、バッテリー交換が必要になるかもしれません。

電気自動車のバッテリー交換費用はいくらかかる?

バッテリー交換費用は、車種やバッテリー容量によって異なりますが、数十円から数百万円に及ぶこともあります。例として、日産リーフのバッテリー交換費用は、新品バッテリーと再生バッテリーの選択肢があります。

新品バッテリーの場合:バッテリー容量によって価格が異なります。24kWhのバッテリーは65万円、30kWhのバッテリーは80万円、40kWhのバッテリーは82万円です。

再生バッテリーの場合:24kWhのバッテリーは30万円で交換できます。

再生バッテリーは、使用済みのEV用バッテリーを再利用するために、性能を測定して再製品化したものです。再生バッテリーは品質が高く、低価格なメリットがありますが、新品バッテリーと比べて容量や寿命が若干劣る可能性があります。

バッテリー寿命を延ばす方法は?

バッテリー寿命を延ばすためには、以下のような方法が有効です。

  • 充電は80%以下、放電は20%以上にする
  • 高温や低温の場所で長時間放置しない
  • 急加速や急減速を避ける
  • 定期的にメンテナンスを受ける

10年落ち(中古)の電気自動車の維持費はどれくらいかかる?

10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

電気自動車の維持費は、ガソリン車やハイブリッド車と比べて安いというイメージがありますが、実際にはそうとも言えません。電気自動車の維持費には、以下のような項目が含まれます。

  • 燃料代 (充電代)
  • 課税 (重量税・自動車税)
  • 保険料 (自賠責保険・任意保険)
  • 車検代
  • 整備費
  • 駐車場代

これらの項目を比較すると、以下のような結果になります。

項目電気自動車ガソリン車ハイブリッド車
燃料代低い高い中程度
課税低い中程度中程度
保険料高い中程度中程度
車検代高い中程度中程度
整備費用高い中程度高い
駐車場代高い中程度中程度

燃料代や課税は電気自動車の方が安いですが、保険料や車検代、整備費、駐車場代は電気自動車の方が高いです。特に保険料は、電気自動車の事故率が高いというデータがあるため、ガソリン車やハイブリッド車よりも割高になります。

また、車検代や整備費は、電気自動車の専門技術者が少なく、部品の入手が困難な場合があるため、ガソリン車やハイブリッド車よりも高くなります。

さらに、駐車場代は、電気自動車の充電設備が整っている駐車場を探す必要があり、ガソリン車やハイブリッド車よりも高くなります。

★中古電気自動車の購入で失敗しないためのポイントと乗ることで得られるメリットとデメリット

★中古EV(電動自動車)の補助金は出ないの?中古EV購入のメリット・デメリットを解説

電気自動車の充電代はどれくらいかかる?

充電代は、充電方法や時間帯によって異なりますが、一般的にはガソリン代よりも安くなります。例えば、日産リーフの場合、満充電で約300km走行できますが、充電代は約600円です。一方、同じ距離を走行するガソリン車だと約3000円かかります。

電気自動車の車検代はどれくらいかかる?

車検代は、ガソリン車やハイブリッド車と同じくらいからかかります。ただし、電気自動車の場合は、バッテリーの点検や交換が必要になる場合があります。バッテリーの点検費用は約1万円から2万円ですが、交換費用は数十万円になることもあります。

電気自動車の重量税・自動車税・自賠責保険・任意保険はどれくらいかかる?

重量税・自動車税・自賠責保険・任意保険は、ガソリン車やハイブリッド車と同じくらいかかります。ただし、電気自動車の場合は、以下のような割引や補助金が受けられる場合があります。

重量税:電気自動車の場合は、重量税が半額になります。

自動車税:電気自動車の場合は、自動車税が75%減額になります。

自賠責保険:電気自動車の場合は、自賠責保険料が約10%安くなります。

任意保険:電気自動車の場合は、任意保険料が約5%安くなります。

補助金:電気自動車の購入や充電設備の設置に対して、国や地方自治体から補助金が支給される場合があります。

中古電気自動車の維持費を節約する方法はある?

10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

10年落ちの電気自動車の維持費を節約する方法としては、以下のようなものがあります。

  1. 燃料代を節約するためには、夜間や深夜に充電することで電気料金を安くする、または太陽光発電などの自家発電システムを利用することが有効です。
  2. 課税を節約するためには、エコカー減税や自動車税の減免制度を活用することが有効です。
  3. 保険料を節約するためには、事故防止のために安全運転を心がけることや、インターネットで

中古 電気自動車の故障リスクはどれくらいある?

電気自動車は、ガソリン車やハイブリッド車と比べて、構造がシンプルで部品数が少ないため、故障リスクは低いと言われています。実際に、電気自動車の故障率は約0.1%で、ガソリン車の約0.3%やハイブリッド車の約0.2%よりも低いです。

10年落ちの電気自動車の故障リスクはどれくらい高い?

電気自動車の故障リスクは、ガソリン車やハイブリッド車と比べて低いというイメージがありますが、実際にはそうとも言えません。電気自動車の故障リスクには、以下のようなものがあります。

  • バッテリーの劣化や故障
  • モーターやインバーターなどの電子部品の故障
  • 充電器や充電コネクタの故障
  • 配線やコネクタの断線やショート
  • ソフトウェアや制御システムの不具合

これらの故障は、ガソリン車やハイブリッド車にはない特有のものであり、修理には専門的な知識や技術が必要です。また、部品の入手や交換にも時間や費用がかかる場合があります。10年落ちの電気自動車の場合、これらの故障の発生確率は高くなります。

故障すると修理代はどれくらいかかる?

故障すると修理代は、故障箇所や程度によって異なりますが、一般的にはガソリン車やハイブリッド車よりも高くなります。特にバッテリーは、交換費用が高額になることもあります。そのため、故障すると修理代が高くなるリスクがあります。

10年落ちの電気自動車の故障リスクを低減する方法はある?

10年落ちの電気自動車の故障リスクを低減する方法としては、以下のようなものがあります。

定期的な点検やメンテナンスを行うことで、バッテリーや電子部品の状態を把握し、早期に対処することが有効です。

  • 過充電や過放電を避けることで、バッテリーの劣化を防ぐことが有効です。
  • 高温や低温にさらされないようにすることで、バッテリーや電子部品の性能を維持することが有効です。
  • 充電器や充電コネクタを清潔に保つことで、接触不良やショートを防ぐことが有効です。
  • ソフトウェアや制御システムのアップデートを行うことで、不具合を修正することが有効です。

まとめ

10年落ちの中古の電気自動車を購入する場合は、バッテリー寿命・維持費・故障リスクという3つのポイントを比較することが重要です。バッテリー寿命は10年程度で交換が必要になりますが、交換費用は数十万円になることもあります。維持費はガソリン車やハイブリッド車と同じくらいかかりますが、充電代は安く、重量税・自動車税・自賠責保険・任意保険には割引や補助金が受けられる場合があります。故障リスクは低いですが、故障すると修理代は高くなります。

電気自動車は環境に優しく経済的な乗り物ですが、中古車として購入する場合は長期的な視点で検討する必要があります。10年落ち(中古)の電気自動車を購入する前に、SOHや維持費、故障履歴などを確認し、節約方法や低減方法も参考にしてください。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP