※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

EVトレンドの終焉はいずれやってくる!?ならば今買うべき自動車のおすすめは!?

電動自動車

電気自動車(EV)は近年、環境に優しいという理由で世界中で人気が高まっています。しかし、EVにはまだまだ解決すべき課題が多く、EVトレンドはいずれ終わりを迎える可能性があります。

では、今後の自動車市場ではどのような車が求められるのでしょうか?今回は、EVトレンドの終焉に備えて今買うべき自動車のおすすめをご紹介します。

https://evolutionride.net/%e9%9b%bb%e6%b0%97%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%81%ae%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%bb%8a%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bc%9f%ef%bd%9c%e8%b3%bc/

EVトレンドの終焉は何が原因か?

EVトレンドの終焉はいずれやってくる!?ならば今買うべき自動車のおすすめは!?

EVトレンドの終焉には、主に以下の3つの要因が考えられます。

EVのバッテリー問題

EVの最大の弱点は、バッテリーの性能とコストです。現在のEVは、リチウムイオンバッテリーを使用していますが、このバッテリーは高価で重く、充電時間も長くかかります。また、リチウムイオンバッテリーは寿命が短く、劣化すると性能が低下し、廃棄する際にも環境に悪影響を及ぼします。

バッテリー技術の革新はあるか?

バッテリー技術の革新は、EVトレンドを維持するために必要不可欠です。しかし、現在開発されている新しいバッテリー技術は、まだ実用化には程遠いと言われています。例えば、固体電解質バッテリー金属空気電池などは、理論上は高エネルギー密度や安全性を持つとされていますが、実際には製造コストや安定性などに問題があります。また、水素燃料電池もEVの代替として期待されていますが、水素の生産や供給にもエネルギーを消費し、インフラ整備も必要です。

EVのエコロジー問題

EVは走行中に排気ガスを出さないという点で環境に優しいと言われていますが、それだけではエコロジーとは言えません。実際には、EVの製造や使用にも多くのエネルギーと資源を消費し、温室効果ガスや有害物質を排出しています。

EVのライフサイクルアセスメント(LCA)とは?

EVトレンドの終焉はいずれやってくる!?ならば今買うべき自動車のおすすめは!?

EVの環境影響を評価するためには、ライフサイクルアセスメント(LCA)という手法を用いる必要があります。LCAとは、製品やサービスの全ての段階(原材料採取・製造・輸送・使用・廃棄・リサイクル)で発生する環境影響を分析する方法です。

LCAによると、EVは内燃機関車(ICEV)よりも製造段階でより多くのエネルギーと資源を消費し、温室効果ガスや有害物質を排出しています。また、使用段階では、EVの充電に使われる電力の発電方法によっても環境影響が大きく変わります。例えば、石炭火力発電などの化石燃料に依存する国では、EVはICEVよりも温室効果ガスの排出量が高くなる可能性があります。

EVの社会的問題

EVは技術的や環境的な問題だけでなく、社会的な問題も抱えています。EVは高価であるため、一般的な消費者にとっては手が届きにくい商品です。

また、EVは自動車産業やエネルギー産業に大きな変革をもたらすため、既存のビジネスモデルや雇用構造に影響を与えます。さらに、EVは政治的な要素も持っており、国際的な競争や対立の原因になる可能性があります。

EVの普及にはどのような政策が必要か?

EVの普及には、政府や企業の積極的な支援が必要です。具体的には、以下のような政策が考えられます。

  • EVの購入や使用に対する補助金や減税などのインセンティブの提供
  • EVの充電インフラやバッテリー回収・リサイクルシステムの整備
  • EVの安全性や信頼性の向上や標準化の推進
  • EVの研究開発や教育・啓発活動への投資
  • EVに関する国際協力や規制の調整

今買うべき自動車のおすすめは?

EVトレンドの終焉はいずれやってくる!?ならば今買うべき自動車のおすすめは!?

EVトレンドの終焉に備えて今買うべき自動車として、以下の3つのタイプをおすすめします。

ハイブリッド車(HEV)

ハイブリッド車(HEV)は、内燃機関と電気モーターを併用することで、燃費や排出ガスを改善する車です。

HEVはEVよりもバッテリー容量が小さく、充電不要で走行できるため、利便性が高いです。また、HEVはICEVよりも低コストで入手できるため、経済性も高いです。

HEVのメリットとデメリット

HEVのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • 燃費が良く、排出ガスが少ない
  • 充電不要で走行できる
  • ICEVよりも安価で購入できる
  • ICEVと同様にメンテナンスが容易

【デメリット】

  • EVほど環境に優しくない
  • バッテリー交換時にコストがかかる
  • 走行性能や加速性能が劣る場合がある

プラグインハイブリッド車(PHEV)

プラグインハイブリッド車(PHEV)は、内燃機関と電気モーターを併用するハイブリッド車の一種で、外部の電源からバッテリーを充電できる車です。

PHEVはEVと同様に、電気モーターだけで走行できるモードと、内燃機関と電気モーターを併用するモードを切り替えることができます。

PHEVはEVよりもバッテリー容量が大きく、電気モーターだけでの走行距離が長いため、環境性能が高いです。また、PHEVは内燃機関をバックアップとして持つため、充電スポットがなくても走行できるため、安心感が高いです。

PHEVのメリットとデメリット

PHEVのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

  • EVに近い環境性能を持つ
  • 電気モーターだけでの走行距離が長い
  • 充電スポットがなくても走行できる
  • EVよりも安価で購入できる場合がある

【デメリット】

  • HEVよりも高価である場合がある
  • バッテリー交換時にコストがかかる
  • 充電時間が長い場合がある
  • ICEVと同様にメンテナンスが必要

燃料電池車(FCEV)

燃料電池車(FCEV)は、水素を燃料として使用し、燃料電池で発電して電気モーターを駆動する車です。FCEVはEVと同様に、走行中に排気ガスを出さないため、環境に優しいです。また、FCEVはEVよりもバッテリー容量が小さく、水素ステーションで短時間で給油できるため、利便性が高いです。

FCEVのメリットとデメリット

FCEVのメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】

環境に優しい
給油時間が短い
走行距離が長い
走行性能や加速性能が高い

【デメリット】

高価である
水素ステーションの数や分布が少ない
水素の生産や供給にエネルギーを消費する
水素の取り扱いに注意が必要

まとめ

EVトレンドは、バッテリー技術やエコロジー問題や社会的問題などの課題を解決しなければ、いずれ終焉を迎える可能性があります。そのため、今買うべき自動車としては、EV以外の選択肢も考えるべきです。

今回は、HEV・PHEV・FCEVの3つのタイプをおすすめしました。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分のニーズや予算に合わせて、最適な車を選ぶことが大切です。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP