※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

65万円で買える!ミニカー区分のEV「EV-eCo」の魅力とは

電動自動車

参照:【楽天市場】 entre square アントレスクエア

ミニカー区分の電気自動車「EV-eCo」は、車検や車庫証明が不要で、維持費も安いというメリットがあります。しかし、その反面、高速道路や自動車専用道路が走れないというデメリットもあります。この記事では、EV-eCoの特徴や性能、価格、メリットやデメリットなどを詳しく解説していきます。

EV-eCoとはどんな車なのか

65万円で買える!ミニカー区分のEV「EV-eCo」の魅力とは

参照:【楽天市場】 entre square アントレスクエア

EV-eCoは、株式会社アントレックスが開発したひとり乗りの電気自動車です。2024年2月に発売されました。EV-eCoは、原動機付自転車(いわゆるミニカー)の規格に収まるため、普通自動車免許があれば運転できます。また、車検や車庫証明が不要で、自動車税も3700円と安く済みます。これは、EV-eCoが最高速度が50km/hに制限されており、高速道路や自動車専用道路の走行ができないことによるものです。

EV-eCoは、コンパクトなボディにもかかわらず、室内は広く感じられます。運転席の背後には荷物を載せるスペースも確保されており、買い物などに便利です。また、家庭用100V電源で充電可能で、1回の充電で約40kmの走行ができます。環境に優しいだけでなく、経済的にも魅力的な電気自動車です。

EV-eCoの性能やスペックはどうなっているのか

EV-eCoの性能やスペックは以下の通りです。

全長×全幅×全高2400×1125×1619mm
ホイールベース1610mm
車両重量310kg
最高速度50km/h
定格出力0.59kW
バッテリー総電力量3.492kWh(鉛バッテリー)
充電時間8〜10時間
航続距離40km
タイヤサイズ125/65R12
車両価格64万9000円
65万円で買える!ミニカー区分のEV「EV-eCo」の魅力とは
引用:楽天市場  entre square アントレスクエア

「EV-eCo」の特徴

・乗車定員:1名

・最高速度:時速50キロ

・後方カメラ搭載

・サンルーフ付き

・両側ドアで、どちらからも乗車可能

・荷物を載せるスペースがあり

・高速道路は走行不可

EV-eCoは、小型で軽量なボディに、0.59kWのモーターと3.492kWhの鉛バッテリーを搭載しています。これにより、最高速度は50km/h、航続距離は40kmとなっています。これは、ミニカー区分の電気自動車としては十分な性能です。また、タイヤサイズは125/65R12と小さく、取り回しが良いです。

EV-eCoの充電は、家庭用100V電源で行えます。充電時間は8〜10時間とやや長めですが、夜間に充電すれば、翌日の短距離移動には問題ありません。また、充電コストは1回あたり約50円と安いです。

EV-eCoの車両価格は、64万9000円と低価格です。これは、装備や性能を必要最低限に抑えたことによるものです。しかし、それでも後部カメラやサンルーフなどの便利機能があるのは嬉しいですね。

EV-eCoのメリットやデメリットは何なのか

EV-eCoのメリットやデメリットは以下のようにまとめられます。

メリット

65万円で買える!ミニカー区分のEV「EV-eCo」の魅力とは

  • 低価格で購入できる
  • 維持費が安い
  • 環境に優しい
  • 取り回しが良い
  • 駐車しやすい
  • 荷物が積める
  • 後部カメラやサンルーフなどの便利機能がある

また、EV-eCoは環境に優しい車です。電気自動車なので、排気ガスや騒音を出しません。CO2の排出量もゼロです。環境問題が深刻化する中、EV-eCoはエコな選択と言えます。

さらに、EV-eCoは取り回しが良い車です。小型で軽量なボディに、小さなタイヤを装備しています。これにより、狭い道路や駐車場でもスムーズに走行や駐車ができます。また、左右にドアがあるので、乗り降りも楽です。都市部や郊外の短距離移動には最適な車です。

参照:【楽天市場】 entre square アントレスクエア

また、EV-eCoは荷物が積める車です。運転席の背後には、買い物などの荷物を載せることができるスペースがあります。これは、ひとり乗りの電気自動車としては珍しいです。また、後部カメラやサンルーフなどの便利機能があるのも、EV-eCoのメリットです。

デメリット

  • 高速道路や自動車専用道路が走れない
  • 乗車人数が1名に限られる
  • エアコンがない
  • 充電速度が遅い
  • 走行距離が短い

EV-eCoの最大のデメリットは、高速道路や自動車専用道路が走れないことです。EV-eCoは、最高速度が50km/hに制限されているため、高速道路や自動車専用道路の走行ができません。これは、ミニカー区分の電気自動車としての規制によるものです。そのため、長距離移動や遠方への旅行などには向いていません。

EV-eCoの評判や口コミはどうなっているのか

EV-eCoは、ミニカー区分の電気自動車として、低価格で環境に優しい移動手段を提供します。しかし、実際に購入したり、試乗したりした人たちは、EV-eCoに対してどのような評判や口コミを寄せているのでしょうか。ここでは、インターネット上で見つけたEV-eCoの評判や口コミをいくつか紹介します。

良い評判や口コミ

EV-eCoは、近所の買い物や通勤に便利な車です。車検や車庫証明が不要で、維持費も安いので、経済的にも助かります。デザインも可愛くて、乗っていると注目されます。

EV-eCoは、コンパクトで取り回しが良いので、狭い道路や駐車場でも困りません。後部カメラやサンルーフなどの装備も嬉しいです。充電も家庭用コンセントでできるので、手間がかかりません。

EV-eCoは、環境に優しい車です。排気ガスや騒音を出さないので、地球にも人にも優しいです。CO2の排出量もゼロなので、エコな選択と言えます。

悪い評判や口コミ

EV-eCoは、高速道路や自動車専用道路が走れないので、長距離移動には向いていません。また、乗車人数が1名に限られるので、家族や友人と一緒に乗ることができません。

EV-eCoは、エアコンがないので、夏は暑くて冬は寒いです。また、充電速度が遅いので、急いでいるときには不便です。走行距離も短いので、充電の回数が多くなります。

EV-eCoはどんな人におすすめなのか

EV-eCoは、ミニカー区分の電気自動車として、低価格で環境に優しい移動手段を提供します。しかし、高速道路や自動車専用道路が走れないことや、乗車人数が1名に限られることなど、割り切りが必要な点もあります。そのため、EV-eCoは以下のような人におすすめです。

  • 短距離の買い物や通勤などに適した車を探している人

  • 車検や車庫証明などの手間や費用を省きたい人

  • 環境に配慮したエコな車を求めている人

  • コンパクトで可愛いデザインの車が好きな人

【楽天市場】 entre square

※以下のリンクはアフィリエイトリンクです。

まとめ

EV-eCoは、ミニカー区分の電気自動車として、低価格で環境に優しい移動手段を提供します。短距離の買い物や通勤などに適しており、駐車場や道路の狭さにも困りません。ただし、高速道路や自動車専用道路が走れないことや、乗車人数が1名に限られることなど、割り切りが必要な点もあります。自分の用途やニーズに合わせて、EV-eCoの魅力とデメリットを比較検討してみてください。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP