※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

電動バイク

電動スクーターは、ガソリンバイクに比べてランニングコストが安く、環境にも優しい乗り物です。しかし、電動スクーターを乗るには、バッテリーの充電が必要です。では、どのようにして充電すればいいのでしょうか?

この記事では、以下の3つのポイントについて解説します。

  • 家庭用コンセントでの充電方法と注意点

  • 公共施設や商業施設での充電方法と注意点

  • 充電時間や費用を抑えるためのコツ

本記事では、電動スクーターの充電方法とコツを、家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用も含めて解説します。電動スクーターの購入を検討している方や、すでに使用している方も、ぜひ参考にしてください。

電動スクーターの充電方法

電動スクーターの充電方法は、大きく分けて「家庭用コンセント」と「公共施設」の2種類があります。

家庭用コンセントでの充電方法と注意点

家庭用コンセントでの充電方法は、最も手軽で一般的な方法です。ほとんどの電動スクーターは、100Vまたは200Vの単相交流電源で充電できます。付属のアダプターをバッテリーまたは車体に接続し、家庭用コンセントに差し込むだけで充電が始まります。

充電時間は、バッテリーの容量や充電器の性能によって異なりますが、一般的に3〜8時間程度です。

以上が家庭用コンセントでの充電方法です。充電時間は、バッテリーの容量や残量、アダプターの性能によって異なりますが、一般的には3~8時間程度かかります。

家庭用コンセントでの充電時の注意点

家庭用コンセントでの充電は便利ですが、以下の点に注意してください。

  • 家庭用コンセントの電圧や容量に合ったアダプターを使用してください。適合しないアダプターを使用すると、バッテリーや車体に損傷を与える可能性があります。
  • アダプターやバッテリーを直射日光や高温多湿の場所に置かないでください。温度が高すぎると、バッテリーの性能が低下したり、発火したりする危険があります。
  • 充電中はバッテリーやアダプターを触らないでください。感電ややけどの原因となります。
  • 充電中はバイクを動かしたり、キーをONにしたりしないでください。バッテリーや車体に損傷を与える可能性があります。
  • 充電が完了したら速やかにアダプターを抜いてください。長時間放置すると、バッテリーの寿命が短くなったり、発火したりする危険があります。

公共施設や商業施設での充電方法と注意点

公共施設や商業施設での充電方法は、家庭用コンセントでの充電方法と基本的に同じです。しかし、利用できる施設やコンセントの種類は限られていますし、利用料金や利用時間も異なります。また、急速充電器を利用する場合もあります。

充電時間は、施設によって異なりますが、一般的に2〜3時間程度です。

電動スクーターの充電のコツや費用

電動スクーターを長持ちさせるためには、充電のコツを押さえることが大切です。

バッテリーを満タンに充電することで、バッテリーの劣化を防ぐことができます。

バッテリー残量が少なくなると、バッテリーに負担がかかります。そのため、充電残量が30%以下になったら、こまめに充電するようにしましょう。

バッテリーは、高温や低温に弱いため、充電する際は、高温や低温を避けるようにしましょう。

家庭用コンセントでの充電時間と費用

家庭用コンセントでの充電時間は、バッテリーの容量や充電器の性能によって異なりますが、一般的に3〜8時間程度です。

充電にかかる費用は、電気料金によって異なりますが、1kWhあたり27円(2023年10月現在)と仮定すると、1回の充電で約1〜2.16円の費用がかかります。

公共施設での充電時間と費用

公共施設での充電時間は、施設によって異なりますが、一般的に2〜3時間程度です。

充電にかかる費用は、施設によって異なりますが、1kWhあたり27円(2023年10月現在)と仮定すると、1回の充電で約0.54〜0.81円の費用がかかります。

電動スクーターの充電方法とコツを、家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用も含めて解説しました。

電動スクーターを長持ちさせるためには、充電のコツを押さえることが大切です。充電残量が少なくなると、バッテリーに負担がかかるため、こまめに充電するようにしましょう。

本記事を参考に、電動スクーターを快適に利用してください。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP