※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

電動自動車

近年、地球温暖化対策や環境負荷の低減の観点から、電気自動車(EV)の導入が進んでいます。日本でも、2035年までに新車販売をすべて電動車にするという目標が掲げられており、企業においてもEVの導入が求められています。

EVの導入には、初期費用や充電設備の設置費用など、多額のコストがかかります。そのため、政府は企業がEVを導入する際に、法人税の節税措置を講じています。

https://evolutionride.net/%e9%9b%bb%e6%b0%97%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a%e3%81%ae%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%bb%8a%e5%b8%82%e5%a0%b4%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%ef%bc%9f%ef%bd%9c%e8%b3%bc/

具体的には、以下の措置があります。

企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

1. 「特別償却」

EVを取得した場合には、取得価額の30%を特別償却することができます。特別償却とは、通常の耐用年数よりも短い期間で償却することができる制度です。これにより、短期間で減価償却費を計上し、法人税の節税につなげることができます。

特別償却 節税措置の詳細

特別償却は、EVを取得した事業者が、取得価額の30%を特別償却することができます。特別償却の適用を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 取得価額が50万円以上であること
  • 自動車税種別割の区分が「エコカー減税」であること
  • 取得日から3年以内に事業の用に供されること

特別償却の適用を受けると、通常の耐用年数よりも短い期間で償却費を計上することができます。これにより、法人税の節税につなげることができます。

2. 「環境性能割の免除」

EVを導入した場合には、環境性能割が免除されます。環境性能割とは、自動車取得税と重量税に加算される税金です。EVは環境性能が高いため、環境性能割が免除されます。

環境性能割は、排気量や燃費性能に応じて課税される税金であり、EVは税額が最も高い「重課車」に該当します。そのため、免税措置を利用することで、年間数十万円の節税効果が期待できます。

これらの措置により、企業はEVの導入コストを抑えることができます。また、EVの導入は、CO2排出量の削減にもつながるため、企業の社会的責任を果たすことにも役立ちます。

環境性能割の免除詳細

環境性能割は、自動車取得税と重量税に加算される税金です。EVは環境性能が高いため、環境性能割が免除されます。環境性能割の免除を受けるためには、以下の要件を満たす必要があります。

  • 自動車税種別割の区分が「エコカー減税」であること
  • 取得日から3年以内に事業の用に供されること

環境性能割の免除を受けると、自動車取得税と重量税の負担を軽減することができます。

3. 「燃料費の節減」

EVはガソリン車やディーゼル車に比べて燃料費が安いため、燃料費の節減が期待できます。ガソリン車やディーゼル車の燃費は1kmあたり約100円程度であるのに対し、EVの燃費は1kmあたり約30円程度です。これにより、年間で数十万円から数百万円の燃料費の節約が期待できます。

4. 「インセンティブの活用」

国や自治体によっては、EV導入を促進するためにインセンティブを用意している場合があります。例えば、補助金助成金の交付、税制優遇措置などがあります。

国では、EVの購入やリース契約を行った事業者に対して、補助金や助成金が交付されています。自治体によっては、EVの購入やリース契約を行った事業者に対して、税制優遇措置が用意されている場合があります。

企業がEVを導入する際には、これらの節税措置を活用することで、法人税の負担を軽減することができます。

「節税措置の適用条件」

特別償却と環境性能割の免税の適用条件は、以下のとおりです。

●【特別償却】

次のいずれかに該当するEVが対象となります。

・電気自動車(EV)
・プラグインハイブリッド自動車(PHV)
・燃料電池自動車(FCV)

●【環境性能割の免税】

次のいずれかに該当するEVが対象となります。

・電気自動車(EV)
・プラグインハイブリッド自動車(PHV)

また、特別償却と環境性能割の免税は、それぞれ別途適用することができます。

「節税措置の活用方法」

節税措置を活用するには、以下の手続きが必要です。

●【特別償却】法人税の申告時に、特別償却の適用を申請します。
●【環境性能割の免税】自動車税の納税時に、免税の申請書を提出します。

企業がEVを導入する際には、これらの節税措置を活用することで、コストを抑えることができます。節税措置の詳細については、国税庁のホームページで確認することができます。

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP