※当サイトでは,商品やサービスのリンク先にアフィリエイトを含みます。

中古電気自動車の購入で失敗しないためのポイントと乗ることで得られるメリットとデメリット

電気自動車(EV)

電気自動車は環境に優しく、燃料費や税金が安いなどのメリットがありますが、新車は高価であることが多く、中古車を検討する方も多いのではないでしょうか。

しかし、中古電気自動車にはバッテリー寿命や維持費、故障リスクなどのデメリットもあります。

そこで、この記事では、中古電気自動車の購入で失敗しないためのポイントと、中古電気自動車に乗ることで得られるメリットとデメリットについて解説します。

中古電気自動車の購入で失敗しないためのポイント

中古電気自動車の購入で失敗しないためのポイント

バッテリー寿命をチェックする

中古電気自動車の最大のデメリットは、バッテリー寿命です。バッテリーは使用年数や走行距離によって劣化していきますが、その劣化度合いは外見では分かりません。バッテリーが劣化すると、充電時間が長くなったり、走行距離が短くなったりします。また、バッテリー交換費用は数十万円から数百万円にもなる場合があります。

そこで、中古電気自動車を購入する際には、バッテリー寿命をチェックすることが重要です。バッテリー寿命をチェックする方法は以下の通りです。

走行距離や使用年数を確認する

バッテリー容量や健康度を表示するシステムを搭載しているかどうかを確認する

バッテリー診断サービスや保証制度を利用する
・試乗して充電時間や走行距離を実感する

維持費を比較する

中古電気自動車のもう一つのデメリットは、維持費です。維持費には以下のような項目が含まれます。

  • 燃料費
  • 保険料
  • 税金
  • 車検費用
  • 故障修理費用

これらの項目を比較すると、中古電気自動車はガソリン車やハイブリッド車に比べて燃料費や税金が安く、保険料や車検費用も同程度か安い場合が多いです。しかし、故障修理費用は高くなる可能性があります。特にバッテリーやモーターなどの専門的な部品は高価であり、修理工場も限られています。

そこで、中古電気自動車を購入する際には、維持費を比較することが重要です。維持費を比較する方法は以下の通りです。

1.走行距離や使用年数に応じた燃料費や税金を計算する
2.保険会社や車検工場に見積もりを依頼する
3.故障修理費用の目安や保証制度を確認する
4.維持費の合計を自分の予算と照らし合わせる

故障リスクを把握する

中古電気自動車のもう一つのデメリットは、故障リスクです。電気自動車はガソリン車やハイブリッド車に比べて構造がシンプルであり、故障しにくいと言われていますが、中古車ではその限りではありません。

中古電気自動車は、前のオーナーの使用状況や保管状態によって、バッテリーやモーターなどの重要な部品が劣化している可能性があります。また、故障した場合の修理費用や修理工場の確保も難しい場合があります。

そこで、中古電気自動車を購入する際には、故障リスクを把握することが重要です。故障リスクを把握する方法は以下の通りです。

・走行履歴や整備記録を確認する
・故障診断サービスや保証制度を利用する
・試乗して走行性能や異音などをチェックする
・信頼できる販売店や修理工場を選ぶ

中古電気自動車に乗ることで得られるメリットとデメリット

中古電気自動車の購入で失敗しないためのポイント

中古電気自動車には、バッテリー寿命や維持費、故障リスクなどのデメリットがありますが、それと同時に多くのメリットもあります。中古電気自動車に乗ることで得られるメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット1:環境に優しい【中古電気自動車】

中古電気自動車の最大のメリットは、環境に優しいことです。電気自動車はガソリン車やハイブリッド車に比べて、二酸化炭素や窒素酸化物などの排出ガスが少なく、地球温暖化や大気汚染の防止に貢献します。

また、電気自動車は再生可能エネルギー(太陽光や風力など)で充電できるため、化石燃料の消費量も減らすことができます。

メリット2:走行コストが安い【中古電気自動車】

経済的にお得:電気自動車は、ガソリン車と比べて燃料代や税金が安く、ランニングコストが低いです。特に中古の電気自動車は、新車に比べて価格がかなり安い場合が多く、初期費用も抑えられます。また、減税措置やV2H(Vehicle to Home)という家庭用蓄電池としても活用できる機能など、優遇措置も受けられます。

電気自動車はガソリン車やハイブリッド車に比べて、燃料費が安く済みます。例えば、1kmあたりの燃料費は、ガソリン車が約15円、ハイブリッド車が約10円、電気自動車が約3円となります。

メリット3:静かで快適な走行性能【中古電気自動車】

中古電気自動車のもう一つのメリットは、静かで快適な走行性能です。電気自動車はエンジン音や排気音がほとんどなく、低速域から高速域までスムーズに加速できます。これは、電気自動車のモーターが回転数に関係なく最大トルクを発揮できることによります。また、電気自動車は振動や振動音も少なく、乗り心地も良いです。

メリット4:最新技術を体験できる【中古電気自動車】

最新技術を体験できる:電気自動車は、ガソリン車と比べて最新の技術が搭載されている場合が多く、運転支援機能や自動駐車機能などの便利機能を体験できます。中古の電気自動車でも、年式の新しいモデルであれば、これらの機能が搭載されている可能性が高いです。

以上のように、中古の電気自動車に乗ることで得られる利点は多くありますが、一方でデメリットもあります。主なデメリットは以下の通りです。

デメリット1:充電時間が長い【中古電気自動車】

中古電気自動車の最大のデメリットは、充電時間が長いことです。電気自動車はガソリンスタンドで給油するように簡単に充電できません。充電方法には以下のような種類があります。

普通充電:家庭用のコンセントから充電する方法で、一般的に6~8時間かかります。
急速充電:専用の充電スタンドから充電する方法で、一般的に30分~1時間かかります。
超急速充電:最新の充電スタンドから充電する方法で、一般的に10分~15分かかります。

これらの充電方法では、普通充電が最も安価であり、急速充電や超急速充電は高価です。また、急速充電や超急速充電はバッテリーに負担をかけることもあります。さらに、充電スタンドの数や場所も限られており、利用可能な時間帯や予約制度もある場合があります。

デメリット2:走行距離が短い【中古電気自動車】

中古電気自動車のもう一つのデメリットは、走行距離が短いことです。電気自動車はバッテリー容量によって走行できる距離が決まりますが、中古車ではバッテリー劣化によって走行距離が減少します。

一般的に、新品のバッテリーでは200km~400km程度走行できますが、中古車では100km~200km程度しか走行できない場合もあります。また、走行距離は気温や走行状況によっても変化します。特に冬場はバッテリー性能が低下し、ヒーターやライトなどの電力消費も増えるため、走行距離が大幅に減少することがあります。

デメリット3:安全性に不安がある【中古電気自動車】

中古電気自動車のもう一つのデメリットは、安全性に不安があることです。電気自動車は高圧電流や大容量のバッテリーを搭載しており、事故や火災の際には感電や爆発の危険があります。

また、電気自動車は静かすぎるために歩行者や自転車などの周囲の音に紛れてしまい、接触事故のリスクが高まります。さらに、中古車では前のオーナーの使用状況や保管状況によって、バッテリーやモーターなどの重要な部品が劣化している可能性があります。

デメリット4:補助金が使えない【中古電気自動車】

補助金が使えない:電気自動車は、国や自治体から補助金を受け取ることができますが、これは新車購入時に限られます。中古の電気自動車は補助金の対象外となるため、利用することができません。

デメリット5:故障リスクが高い【中古電気自動車】

故障リスクが高い:電気自動車は、バッテリーやモーターなどの電子部品や配線などの故障リスクが高いです。特に中古の電気自動車は、使用年数や走行距離によって故障の発生確率が高くなります。

また、修理には専門的な知識や技術が必要であり、部品の入手や交換にも時間や費用がかかる場合があります。

以上をまとめると、中古の電気自動車に乗ることで得られる利点は以下の表のようになります。

項目中古の電気自動車中古のガソリン車
環境に優しい
経済的にお得
最新技術を体験できる
航続距離が短い
補助金が使えない
故障リスクが高い

この表からわかるように、中古の電気自動車は、環境や経済、技術の面でメリットがありますが、航続距離や故障の面でデメリットがあります。

中古のガソリン車は、航続距離や故障の面でメリットがありますが、環境や経済、技術の面でデメリットがあります。したがって、中古の電気自動車に乗ることで得られる利点は、自分の用途やニーズによって異なります。中古の電気自動車を購入する際は、メリットとデメリットを比較して慎重に検討してください。

まとめ

中古電気自動車は環境に優しく、走行コストが安く、静かで快適な走行性能を持つメリットがありますが、バッテリー寿命や維持費、故障リスクなどのデメリットもあります。

中古電気自動車を購入する際には、バッテリー寿命をチェックすることや維持費を比較すること、故障リスクを把握することなどが重要です。また、中古電気自動車に乗る際には、充電時間や走行距離、安全性などに注意する必要があります。中古電気自動車はメリットとデメリットをよく理解して、自分のライフスタイルや予算に合ったものを選ぶことが大切です。

★EVの将来 10年後には消滅する!? EVの不都合な真実と中古EVの闇

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。

関連記事

EV ニュース

Ev:olution Ride

Ev:olution Ride

「EVolution Ride」は、EVの乗り物やその技術、環境への影響や購入方法など、幅広くEV商品を紹介するサイトです。EVの乗り物は、革新的でエコロジカルな移動手段として進化しています。このサイトでは、EVの乗り物で旅行を楽しんだり、日常生活で便利に活用する為の様々な情報や体験を紹介しています。EVの乗り物で新しい世界を見つけてみませんか。

ランキング

  1. 1

    【2024年】電動キックボードは ダサい 乗り物? 大人 でもカッコよく乗る方法とおすすめ4選 (特定小型原付:原付:電動アシスト自転車)

  2. 2

    10年落ちの中古の電気自動車は買い?【バッテリー寿命・維持費・故障リスク】

  3. 3

    【お洒落すぎる乗り物たち】大人におすすめのスマートな電動小型モビリティ おすすめの5台!(電動バイク,電動キックボード,電動自転車)

  4. 4

    電動スクーターEVの充電方法とコツ|家庭用コンセントや公共施設での充電時間や費用を徹底解説

  5. 5

    特定小型原付のカスタムにおける法的規制(違反)と注意点をざっくり説明します

  6. 6

    電動キックボード・電動自転車・特定小型原付に最適な電動空気入れの選び方とおすすめ商品5選!

  7. 7

    企業がEVを導入する際の、法人税の節税措置

  8. 8

    母親の運転する電動アシスト自転車の搭乗者(子供)が、自損事故により怪我をしたときの補償の保険を解説【保険一覧】

  9. 9

    旅行の楽しみが広がる。車載可能な電動モビリティ(電動キックボード・電動自転車)で観光地を快適に巡ろう!おすすめ厳選4台

  10. 10

    特定小型原付で違反したらどうなる?電動モビリティの法律を知らないとこんなにヤバい!




TOP